『かなり分かり易くワードプレスを開設する』第四弾 -HTTPS接続編-

『かなり分かり易くワードプレスを開設する』第四弾 -HTTPS接続編-

サイトをSSL化しましょう

HTTPS接続を可能にするために独自ドメインをSSL化する必要があります。

 

SSL化するとアドレスバーに「HTTPS」と表示されるようになります。WordPressは暗号で保護され安全な接続が可能となりWEBサイトの信頼性が格段に向上します。

 

 

やり方はすごく簡単ですので、さくさくやってしまいましょう。

 

 

前回までの経過

前回(サーバー編②)のところまでではロリポップサーバーへWINSCPでindex.phpをアップロードして独自ドメインにアクセスしてWEBサイトを表示ができるか確認するというところまでやりました。

 

WEBサイトが表示できるようになったということはWordPressをサーバーにインストールする準備が整ったことを意味しています。

 

ですが、ちょっと待ってください。あなたの独自ドメインは現在SSLを設定していません。今の状態ですと、WordPressを立ち上げた際にあなたの読者はHTTPS接続で安全に記事を読むことができません。

 

 

SSLを設定する3つのメリット

  1. 読者が安心して記事を閲覧できる
  2. 管理者が安全に管理画面に接続できる
  3. SEO対策にSSLが必須必須

1. 読者が安心して記事を閲覧できる

SSLとは安全な暗号通信方式のことですから、SSLを独自ドメインに設定するとWEBサイト全体がSSLで保護されます。

共通鍵の交換を公開鍵と秘密鍵を使って安全に交換することができる仕組みです。暗号通貨程の頑丈さではないですが、個人情報のやり取りやWEBサイトの閲覧でプライバシーに関わるデータをやり取りするには十分と言えます。

サーバーとブラウザが自動的に行ってくれますので、実際には仕組みを理解する必要はありません。

さらにSSLサーバ証明書というのを、信頼のおける第三者機関から発行してもらうことで、フィッシングサイトではないなど信頼できるサイトであることを証明してくれます。

以上のことから読者は安心して記事を読むことができます。

 

2. 管理者が安全に管理画面に接続できる

管理画面に接続する際にIDとパスワードを入力します。管理画面の通信をSSLで保護しHTTPS接続することでWordPressの改ざんや乗っ取りを防ぎます。重要なあなたの個人情報を守ることができます。

 

3. SEO対策にSSLが必須

2014年8月にGoogleがすべてのWEBサイトにSSL導入を推奨しました。このことでGoogle検索においてHTTPS接続はSEOに対し重要な項目となりWordPress運営には必須項目となり、無料で設定できるサーバーが増えました。ロリポップでももちろん無料で登録している独自ドメインのすべてに設定することができます。

 

やりかたを画像付きで丁寧に解説

それではロリポップにログインしてください

サイト作成ツール>独自ドメインSSL証明書導入まで選択してください。すると下に無料独自ドメインSSLを設定するというアイコンがでますのでそちらをクリックしてください。

 

下に設定画面が現れます。

「SSL保護されていないドメイン」を選択すると以前(サーバー編①)で設定したあなたの独自ドメインが表示されているはずです。一番上の階層のチェックボタンに✓を入れて「独自SSL(無料)を設定する」をクリックしてください。
ssl01

 

設定中の画面に切り替わりました。
しばらくすると設定が終わります。

数分から1日までの間に終わります。僕の場合は数十分のうちに終わりました。一日経っても設定が完了しない場合は問題があるかもしれません。僕はいつも一時間以内には終わっていたので、一時間たっても終わらない場合は問題がある可能性は高いかもしれません。
ssl02

 

設定が完了したか確認するために「すべてのドメイン」というタブを選択して今回設定したドメインを確認してください。SSL保護有効となっていればOKです。
ssl03

 

HTTPS化が完了しました!動作確認しましょう!

 

あなたの独自ドメインの HTTPに「S」をつけて接続してみてください。無事表示されればOKです。前回動作確認した「こんにちは」という文字が表示されています。

letwecheknow

おめでとうございます!ドメインをSSL化して無事ドメインをHTTPS表示に対応しました!!

 

WordPressカテゴリの最新記事